4/20
瞑想修行2日目。
昨日は薄いマットでタイルの上で寝たので腰が痛い。
この瞑想センターの起床時間は5時になっている。
他のセンターでは大抵4時起きなので少し楽だ。

この瞑想センターの日課は、以下のようになっている。

5:00 起床
6:30 朝食
7:00 瞑想
8:00 ダンマ トーク
9:00 瞑想
11:00 昼食
12:30 瞑想
15:00 レポート
18:00 チャンティング
19:00 瞑想
21:30 就寝

顔を洗って歯を磨き、瞑想ホールに行ってみると2人しかいない。
今日も背中が痛くなってイマイチ集中できない。
6:30になると鐘が鳴らされて朝食になる。
食事は瞑想ホールの1階のキッチンの前のスペースに
折りたたみのテーブルを並べてみんなで食べる。
10人程度の瞑想者がいるようだ。
瞑想ホールには2〜3人しかいなかったが、食事になるとたくさん集まってきた。
ぶつ切れのうどんのような麺物が用意されていた。
味はまあまあ美味しい。
昨日最初に来たときに気がついたが
ここにいる欧米人の人たちは一切会話をしない。
そういう決まりなので当然だが、他のセンターでは大抵話をしている。
一列にテーブルを並べて全員黙って食べているのはなかなか不思議な光景だ。
食事が終わったら各自食器を洗って片付ける。

7時には食べ終わるのですぐに瞑想を再開するが
8時にダンマ トークがあるので1時間しかできない。

8時に瞑想ホールで先生のお坊さんがダンマトークをする。
きょうの話は、自分がいくら良い行いをしても、
相手が怒ったり、嫌がらせをしてきたりすることもあるけれど、
そういう時は、Let it go と言ってやり過ごそうというような話だった。
Let it go は、
「相手のしたいようにさせよう」とか「自然な成り行きを受け入れよう」と
いうような意味だと思う。
他の人の考えや行動は変えることはできないので、
そういうものだと受け入れようというような話だった。
何かうまく説明できないが、
先生の話は自分の経験や身近な話題を元にしていて非常に面白くてわかりやすい。
普通ダンマトークというと仏典に載っている法話をするけれど、
この先生は違っていて話に引き込まれる。
ただ、先生の英語は発音が clean がキリーンだったり、
文法が間違っていたりして初めは少し聞きづらいが慣れてしまうと問題ない。
ダンマ トークは1時間だが聞き甲斐がある。

9時からまた瞑想をする。
11時から昼食なのでここは2時間瞑想できる。
ここにいる欧米人の人はみんなタイマーを持っていて、
しょっちゅうピッ、ピッ、ピッ、と音がしている。
こういうのは初めてだ。
他のセンターではそういう音をさせる人はいない。
あと初心者なのか、
8cmくらい厚さのあるクッションを2つ重ねて座っている人もいる。
2つも使う人がいるので偶にクッションが足りなくなることがある。

11時になるとまた鐘が鳴って、昼食だ。
料理は何か草みたいな物を炒めたものと、それと似たような物があと2品があった。
それだけで、スープなんかもない。
スープがないのは初めてだ。
ここの食事はかなり質素なようだ。
いままで滞在したところは、
部屋が悪くても食事はふんだんにあったがここは違うようだ。
さらにテーブルが足りないときがあって、
遅れてきてあぶれてしまった人は
庭に面したコンクリートの手すりをテーブル代わりにして食べなければいけない。
手すりの向こうには流しがあって、
残飯の入れ物なんかが見えるのでちょっと気持ち悪い。
味はまあまあ不味くはないが、それほど美味しくもないという感じ。
食事の楽しみはここにはない。

日程では12:30から瞑想なので40〜50分休めるが、
それを知らなかったし、休んでも考え事をするだけなのですぐに瞑想を開始する。
15時からレポートの時間なのでここは3時間くらい瞑想できる。
この時間の瞑想ホールはかなり暑い。
ファンも歩く瞑想の場所に3機あるだけで、座る瞑想の場所にはない。
ただでも調子が乗らないがさらに集中できない。

15時くらいから一人一人先生に瞑想の状態を報告する。
あまり集中できないと報告すると、
リトリートの最初の数日はそんなものだからがんばりなさいと言われた。

この後は、18時にチャンティング(読経)がお寺の本堂であるが
行きたくなければ行かないてもいいと言われたので瞑想を続けることにする。
17時くらいで暑さもひと段落するのでシャワーを浴びる。
当然水シャワーだ。
暑いのでそれほど気にならない。
瞑想ホールに戻って瞑想を再開すると、
みんなチャンティングに行っているのか誰もいない。
21:30まで4時間ほどある。
この時間が一番長く瞑想することになる。
19時くらいに2人ほど戻ってきたが、20時にはその2人もいなくなってしまった。
21:30まであと1時間半あるが、一体どういうことなんだろう?
瞑想ホールは夜でもなぜか明かりを付けないので、廊下の明かりだけで瞑想する。
一人っきりで暗い中瞑想するのも落ち着かない。
一応21:30まで瞑想し、部屋に戻って寝た。
| タイ旅行 2008 | 23:29 | comments(8) | trackbacks(1) | ↑TOP |
| - | 23:29 | - | - | ↑TOP |
はじめまして
早速ですが、瞑想体験を3日間程このお寺でしたいのですが、申込とかはどうすればよろしいのでしょうか?また、費用など教えていただきたいのですが。よろしくお願いします。
岡山市浜3−5−17−2
木下信一
| 木下信一 | 2008/08/29 5:11 PM |
コメントありがとうございます。
私はチェンマイから電話して申し込んだのですが、メール(doisuthepinfo@gmail.com)でも申し込めると思います。到着の日付と滞在する日数を伝えれば、受け入れ可能かどうか答えてもらえます。私のときは、希望の日がいっぱいで3日ほどずらしました。

費用は請求されません。最後の日にお布施(ドネーション)をできる範囲で渡せば大丈夫です。

このHP(http://www.dhammathai.org/e/meditation/page30.php)に情報があります。
Chom Tong Insight Meditation Center(http://www.dhammathai.org/e/meditation/page28.php)もチェンマイの近くで、同じ方法で教えていると思います。
| masato | 2008/09/01 10:38 PM |
初めまして。
ドイステープでの瞑想体験について質問があります。
10月に体験しに行きたいと考えているのですが、寒いのでしょうか。
費用はドネーションということでしたが、だいたいの相場はありますか。また、女性参加者の方はヘアドライヤーの使用は可能でしょうか。
おかしな質問ばかりしてすみません。お答えいただけると幸いです。

北村佳菜
| 北村佳菜 | 2015/08/14 11:00 PM |
コメントありがとうございます。

チェンマイの 10 月は比較的涼しい時期なので
ドイステープは夜など少し寒いかもしれません。
ドイステープ寺は山の上にあって、チェンマイの街からも見えます。
昼間は暖かいと思います。
私は一番暑い 4 月に行きましたが
雨の日など T シャツでは少し寒かったと思います。あと夜も少し寒いときがありました。
白い服でないといけないのですが
売っているところがあると聞いたような気がします。

お布施は確か 500 バーツあげたら
「食事代くらいだな」と用務員みたいな人に言われました。

ドライヤーは使えないことはないと思います。
部屋は個室で
誰かがついてくるわけではないし
お坊さんの部屋はだいぶ離れているので。
コンセントがあったか覚えていませんが
私が行ったのは 7 年前なので、施設も確か新しくなっていると思います。

瞑想を楽しんできてください。

masato
| masato | 2015/08/14 11:47 PM |
ご回答どうもありがとうございました。
お寺に寝泊まりして瞑想体験などはじめてなもので、少し緊張しています。お返事いただけて助かりました。どうもありがとうございます。
masatoさんは現在チェンマイにいらっしゃるんですか?
| 北村佳菜 | 2015/08/15 11:06 PM |
こんばんは。

ドイステープ寺はほかのお寺と比べて厳しくないので
心配はいらないと思います。
西洋人の参加者も多いので。
瞑想の時間は誰も見ていないので
勝手にやるという感じです。
夜の瞑想をしない人も多かったです。
気をつけるのは食事の時間くらいです。
遅れていくとちょっと気まずいです。

現在、チェンマイに滞在しています。
今回は 8 月末までです。
瞑想は自分の部屋でやっているので
ドイステープには行っていませんが。

masato
| masato | 2015/08/15 11:33 PM |
ドイステープの瞑想修行は厳しくないのですね。
masatoさんの体験上、どちらのお寺が最も厳しかったですか?
8月末までチェンマイにご滞在とのこと、先日起こったバンコクでの爆弾テロ事件ものこともありますので、くれぐれも気を付けて下さい。

| 北村佳菜 | 2015/08/19 4:03 PM |
こんばんは。

厳しいというか
チェンマイ空港の西にある Wat Ram Poeng は
受付所の若いお坊さんが命令口調で高圧的だったので
ここは絶対に嫌だなと思いました。
その近くの Wat Umong の西洋人のお坊さんも
「あそこはもっと厳しい」と言っていました。
良い評価をしている人もいるようです。

ヤンゴンの Mahasi Meditation Center は
一般の外国人は外国人のお坊さんと一緒の部屋で瞑想するので
やや緊張感はありますね。
私はそこが最初のリトリートだったからかもしれません。
ミャンマー人のお坊さんも 100 人くらいはいます。

ペナン島の Malaysian Buddhist Meditation Centre (MBMC) は
10 人くらいの大部屋が寝どころだったので
(個室もありました)
サボっていると一目でわかってしまいました。
歩く瞑想と座る瞑想の時間をみんなきっちり守っていました。
私は勝手にやっていましたが。

ドイステープ寺以外はみんなスケジュール通りにちゃんとやっていました。


テロはチェンマイなので今のところ大丈夫ではないかと思います。ありがとうございます。

masato
| masato | 2015/08/19 10:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ラーメン大好き
食に関するRSS情報を定期的に集めているため、トラックバックをさせていただきました。 宜しくお願いします。
| ラーメン | 2008/04/28 8:38 AM |
:::PROFILE:::
:::INFO:::
・ 日本とタイの時差: 2 時間
・ 100 バーツ ≒ 350 円
チェンマイのお店マップ

・ 日本とポーランド(夏時間)の時差: 7 時間
・ 1 ズウォティ(PLN) ≒ 30 円
クラクフのお店マップ

:::SELECTED ENTRIES:::
:::PICKUP:::

タイ旅行 2020 チェンマイ
日付順に表示
ランパーン小旅行

タイ旅行 2019夏 チェンマイ
日付順に表示
チェンライ小旅行
ランパーン小旅行 1 日目
ランパーン小旅行 2 日目以降

タイ旅行 2019 チェンマイ
日付順に表示

ポーランド旅行 2018 クラクフ
日付順に表示
プラハ・ブダペスト小旅行

タイ旅行 2018 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2016 夏 チェンマイ
日付順に表示
<ビエンチャンにビザランに行く>
7/24 ピッサヌロークに移動する(1)
7/25 ビエンチャンに移動(2)
7/26 ビエンチャン 2 日目(3)
7/27 タイに再入国(4)
7/28 スコータイに移動する(5)
7/29 スコータイ 2 日目(6)
7/30 チェンマイに戻る(7)

タイ旅行 2016 チェンマイ
日付順に表示
ラムパーンに小旅行に行ってみる
ラムパーン 2 日目
ラムパーンからチェンマイに戻る
パヤオに行ってみる
パヤオ 2 日目
パヤオからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 夏 チェンマイ
日付順に表示
パーイに行ってみる
パーイ滞在
パーイからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 冬 チェンマイ
日付順に表示
バンコク銀行に口座を開設した
ジョムトンに行ってきた
チェンダオで散歩してきた
クアラルンプールのチャイナタウン観光
マラッカ観光

ベトナム旅行 2014 夏 ニャチャン
日付順に表示
ニャチャンのお店マップ
ダイビングに行ってきた
国立海洋学博物館に行ってみた
ホンチョン岬に行ってみた
4 番のバスのルートマップ

沖縄旅行 2014 2月
日付順に表示
レンタカーで沖縄観光(辺戸岬、県道 70 号線、名護、辺野古)
旧海軍司令部壕に行ってみた
沖縄本島南部と伊計島にドライブ

タイ旅行 2013 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2013 2月 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2011 イサーン
日付順に表示
ムクダハーン〜サワナケット
サコンナコン観光
ピーマイ観光
アユタヤ観光

青春18きっぷで小旅行
青春18きっぷで京都に行った(春)
青春18きっぷで京都に行った(夏)
青春18きっぷで名古屋に行った

その他の旅行
バンコク 〜 マハーチャイ、メークロン、アンパワ小旅行
チェンマイのドイ ステープ寺で1週間ヴィパッサナ瞑想の修行をしてきた
アンコールワット近辺 遺跡巡り1
アンコールワット近辺 遺跡巡り2
ラオス旅行 デット島とコーン島

旅行以外の記事
ルーテシア3のワイパーを交換した
タブレット(Nexus7)を購入した
コインランドリーで掛け布団を洗ってみた
温水洗浄便座が壊れた

動画
動画の保存場所(Youtube)

:::CATEGORIES:::
:::ARCHIVES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::RECENT TRACKBACK:::