7/30

きょうはようやくチェンマイに戻る。
普通に起きて朝飯に出た。
チェンマイに戻るだけなのでそれほど急ぐ必要もない。
朝飯は PAI にした。
POO も開いてそうだったけど
朝飯は PAI のほうが雰囲気がいい。
アメリカンブレークファストを頼んだ(130 バーツ)。



こういうのを食べるのは久しぶりだ。
奥のゲストハウスを見せてもらった。
ウナギの寝床みたいな長い敷地で
奥まで 100m 以上あるんじゃないかと思う。



部屋もきれいそうだ。
値段を聞いてみたら 950〜1200 バーツだという。
私が泊まることはないだろう。

ゲストハウスに戻ってパッキングする。
急にお腹が痛くなってきた。
薬を飲んでからこの 2 日間は何ともなかったんだけど。
どう考えてもあのアメリカンブレークファストだと思う。
とりあえず 1 回分残っていた薬を飲む。
チェンマイまでバスで帰るつもりだったが
このお腹の状態だと心配なので
ピッサヌロークから電車で行くことにした。
ゲストハウスのオーナーに
ピッサヌロークからチェンマイ行きの電車が午後にあるかどうか聞いたが
わからないという。
トゥクトゥクでバスターミナルに向かう(60 バーツ)。

ピッサヌローク行きのバスは 12 時ごろで 39 バーツだ。
あと 30 分くらいある。

12 時ごろバスが来たがぜんぜん出発しない。
チェンマイ行きのバスが出発していった。
その後 30 分くらい待って
チェンマイから来たバスの乗客がこのバスに乗り換えてから出発した。
お腹の調子はまあまあいいようだ。
前回もあの薬を飲んで 1 回でほとんど治っていた。

ピッサヌロークに 1 時間ほどで到着した。
線路を跨いだところで降ろしてもらった。
そこから歩いて駅に向かう。
駅の手前でチェンマイ方面に電車がでていった。
駅のチケット売り場でチェンマイ行きのチケットを聞いたら
次は 20:40 だという。
その次は 0 時過ぎの夜行列車で 500 バーツかかる。
さっきでていった電車が Den Chai 行きでランパーンの手前まで行けたようだ。

いま 14 時なので 20:40 の列車まで 6 時間以上あるし
普通列車なのでチェンマイまで 8 時間かかる(朝の 4 時に到着)。
夜行列車までは 10 時間待つ必要があるし、料金がバスの倍だ。
ピッサヌロークではすることもない。
しばらく考えてバスで行くことにした。
15 時ごろのバスに乗れれば 22 時くらいにチェンマイに着くだろう。
トゥクトゥクでバスターミナルに向かう(60 バーツ)。
貨物列車が切り返ししていて踏みきりでえらい待たされた。
バスターミナルに着いて
トゥクトゥクのドライバがおつりを持っていなかったので
20 バーツ札と小銭で払ったら
数えられないようなので
私がタイ語で 20 バーツ、40 バーツ、60 バーツと数えてあげた。

次のバスは 15 時だ(237 バーツ)。
まだ 30 分くらいあるので
食事することにした。
チェンマイまで 7 時間かかるので。
近くの食堂でパッタイがあるか聞いたが
ないけど作ってあげるというので頼んだ(40 バーツ)。



ほとんど味がないパッタイだ。
素人だって調味料くらい使うと思うぞ。

教えられたプラットフォームで待っていたがぜんぜん来ない。
30 分くらい過ぎてから窓口に聞きに行ったが遅れているという。
ピッサヌロークの新バスターミナルが始発のはずだが
なぜ遅れているんだろう?
40 分遅れてバスが来た。
なかなかぼろいバスだ。

エアコンは普通に効いていた。
しばらくしたら土砂降りになった。
そのうちに窓側の隣に座っていたタイ人の女の人のところに水が垂れてきた。
ポタポタどころではなくてツーッと流れてくるので
その人はほかの席に移動した。
水が落ちてくる席が 4 席くらいあった。
それから雨は止んだが曇っていて
エアコンが少し寒くなった。

スコータイに 17 時前に到着した。
これでやっと振り出しに戻った。
約 5 時間遅れで。
12 時発のチェンマイ行きのバスに乗っていたら
もうランプーンの手前くらいだ。

タークでトイレ休憩になったときに
ロン T をだして着た。
お腹の調子はまあいいようだ。
その後 1〜 2 時間走って
ガソリンスタンドで止った。
給油だが 5 分間休憩できるそうだ。
ガソリンスタンドなのでトイレもきれいだ。
トイレから戻ってきても
まだ給油していた。
全部で 140 リットル給油していた。
1 リッター 24 バーツのようなので
3360 バーツだ。
タイ語でわからないが軽油かな。

ランパーンに止ったときに
隣にいたバスの座席にテレビが付いていて
何だろうと思ったら
ナコンチャイエアのファーストクラスのバスだった。
座席がきれいで立派だし
車掌さんは CA みたいな格好をしていた。
こっちのぼろバスとは大違いだ。

その後、ランプーンに止って
チェンマイに戻ってきた。
23 時だ。
予定より 1 時間遅れ。
スコータイで 12 時のバスに乗っていた場合と比べると
5 時間遅れだ。

明日の朝飯のパンとヨーグルトがないので
バスターミナルの前のセブンイレブンで買う。
バイクパーキングがこの時間に開いているのかなと思っていたが
開いていた。
7 日間で 70 バーツだ。
久しぶりに自分の自転車に乗ると気持ちがいい。
夜だから走っている車も少ないので
がんがん走ってアパートまで戻ってきた。

自分の部屋に戻ってホッとした。
「やっぱり家が一番」という感じだ。
ずうっとチェンマイに滞在していたので
忘れていたが
タイをバスで移動したり
安ホテルに泊まったりするのは
それなりにしんどい。

今回はお腹の調子が悪くなって苦労したが
それがなくても
来年同じルートでビザランするのはちょっとしんどいなという感じだ。
次は飛行機かな。

| タイ旅行 2016 夏 チェンマイ | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
| - | 23:30 | - | - | ↑TOP |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
:::PROFILE:::
:::INFO:::
・ 日本とタイの時差: 2 時間
・ 100 バーツ ≒ 350 円
チェンマイのお店マップ

・ 日本とポーランド(夏時間)の時差: 7 時間
・ 1 ズウォティ(PLN) ≒ 30 円
クラクフのお店マップ

:::SELECTED ENTRIES:::
:::PICKUP:::

タイ旅行 2020 チェンマイ
日付順に表示
ランパーン小旅行

タイ旅行 2019夏 チェンマイ
日付順に表示
チェンライ小旅行
ランパーン小旅行 1 日目
ランパーン小旅行 2 日目以降

タイ旅行 2019 チェンマイ
日付順に表示

ポーランド旅行 2018 クラクフ
日付順に表示
プラハ・ブダペスト小旅行

タイ旅行 2018 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2016 夏 チェンマイ
日付順に表示
<ビエンチャンにビザランに行く>
7/24 ピッサヌロークに移動する(1)
7/25 ビエンチャンに移動(2)
7/26 ビエンチャン 2 日目(3)
7/27 タイに再入国(4)
7/28 スコータイに移動する(5)
7/29 スコータイ 2 日目(6)
7/30 チェンマイに戻る(7)

タイ旅行 2016 チェンマイ
日付順に表示
ラムパーンに小旅行に行ってみる
ラムパーン 2 日目
ラムパーンからチェンマイに戻る
パヤオに行ってみる
パヤオ 2 日目
パヤオからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 夏 チェンマイ
日付順に表示
パーイに行ってみる
パーイ滞在
パーイからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 冬 チェンマイ
日付順に表示
バンコク銀行に口座を開設した
ジョムトンに行ってきた
チェンダオで散歩してきた
クアラルンプールのチャイナタウン観光
マラッカ観光

ベトナム旅行 2014 夏 ニャチャン
日付順に表示
ニャチャンのお店マップ
ダイビングに行ってきた
国立海洋学博物館に行ってみた
ホンチョン岬に行ってみた
4 番のバスのルートマップ

沖縄旅行 2014 2月
日付順に表示
レンタカーで沖縄観光(辺戸岬、県道 70 号線、名護、辺野古)
旧海軍司令部壕に行ってみた
沖縄本島南部と伊計島にドライブ

タイ旅行 2013 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2013 2月 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2011 イサーン
日付順に表示
ムクダハーン〜サワナケット
サコンナコン観光
ピーマイ観光
アユタヤ観光

青春18きっぷで小旅行
青春18きっぷで京都に行った(春)
青春18きっぷで京都に行った(夏)
青春18きっぷで名古屋に行った

その他の旅行
バンコク 〜 マハーチャイ、メークロン、アンパワ小旅行
チェンマイのドイ ステープ寺で1週間ヴィパッサナ瞑想の修行をしてきた
アンコールワット近辺 遺跡巡り1
アンコールワット近辺 遺跡巡り2
ラオス旅行 デット島とコーン島

旅行以外の記事
ルーテシア3のワイパーを交換した
タブレット(Nexus7)を購入した
コインランドリーで掛け布団を洗ってみた
温水洗浄便座が壊れた

動画
動画の保存場所(Youtube)

:::CATEGORIES:::
:::ARCHIVES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::RECENT TRACKBACK:::