7/26

きのうはエアコンを消して寝たが
少し暑くて何回かエアコンを付けたり消したりした。

6 時半過ぎに起きた。
7 時過ぎに朝飯にでたが
開いているところは少ない。
ローカルな麺屋さんがあったのでそこにした。
おじさんが麺を見せてくれて
それを頼んだ(15000 キープ)。



スープはまあままおいしいが
麺とワンタンはあまりおいしくない。
地元っぽいお客さんはどんどん入ってくるが
あまりおいしいとは思わない。

ホテルに帰ったら
ブレークファストなしだけど
コーヒーと果物、パンケーキを食べていいという。
コーヒーもパンケーキもおいしかった。
明日はここで食べよう。
2 ドルでいいそうだ。

支度をしてタイ領事館に向かう。
ホテルの人が
裏のバス停にバイクタクシーがいて
そっちのほうが安いと言っていたので
そっちに行ってみる。
途中で
トゥクトゥクが追い抜いていったなと思ったら止まって
「どこに行くんだ?」と言うので
「タイ領事館」だと言ったら
「100 バーツでいい」と言うので乗せてもらった。
すでに西洋人が 1 人乗っている。
タラートサオの前の大通りを横切るときに渋滞したが



それ以外はさくさく走った。
西洋人は政府関係みたいな建物の前で降りた。



タイ領事館には 8:45 ごろに着いた。
パスポートのコピーを取っていないので
パスポートの受付の隣の建物でコピーを取ってもらう(2000 キープ)。
9 時ごろ列に並んだ。



2 列くらいしかないのですぐに順番が来るだろう。





9:20 ごろ私の番になって
係りの人が 10 秒ほど書類を確認して
引き換え用の番号札をくれた。
書類がそろっていれば何の問題もないという感じだ。



申請書は先週タイ領事館の Web サイトからダウンロードしたやつで
タイ領事館にあるものと
領事館の事務処理用の部分が少しだけ違っていたが何も言われなかった。
まあ、コピーのところにいた暇そうな女の人に
これでだいじょうぶかと聞いておいたけど。

きのう国際バスで一緒だった西洋人の家族がいた。
タイに住んでいて
OA ビザを申請すると言っていたと思うけど
そんな年には見えなかった。

きょうするべきことはこれで終わったので
一日空いてしまった。

とりあえずトゥクトゥクで街中のほうに帰る(100 バーツ)。
チェンマイで働いているというフィリピン人の女の人が一緒に乗っていた。
プラザホテルの横で降りた。

とりあえずコーヒーにしようと思って
そのあたりをぶらぶら歩いてカフェを探した。
True Coffee でいいやと思っていたが
改装中だった。
Comma Coffee というところにした。



暑くてフラフラなので
アイスカフェラテにしたいところだけど
おなかの具合が悪いので
ホットカフェラテにした(18000 キープ)。



きょう一日何をするか考えた。
昼飯を Pho Zap というところで食べて
そのままタラートサオに行き
最後にラオス国立博物館に行くことにした。
フォー以外は前回来たときと同じだ。
Pho Zap はその横のホテルに泊まろうかと思ったので
レビューで読んでいたし
いまのホテルのマップにも載っていた。

Pho Zap はすぐに見つかった。



昼間に歩くとすごく暑い。
豚肉のフォーを頼んだ(25000 キープ)。



まあまあおいしい。
ニャチャンで体調が悪いときに行っていた
フォーの店のほうがおいしいと思う。



タラートサオに行く。
モールをひととおり見たが
「こんなに何もなかったっけ」という感じだった。
隣のエアコンがない建物も見たが
暑くて何も考えられないし見たくないという感じだった。

街中に戻る。



きょう何回か通って
Parisien Cafe というのが気になっていたので
そこに入った。



ラオスプラザホテルの前にある。
カフェラテを頼んだ(22000 バーツ)。



きのうからアセアンの会議をビエンチャンでやっているようだけど
プラザホテルでも何かやっているのかもしれない。
警官や軍人っぽい人が何ヶ所かで警備している。
テロか何かあったら
この店はガラス張りだから嫌だなと思った。



ラオス国立博物館に行く。



前回も行ったが記憶がない。
入ったのが 15:30 だったので
30 分しか見れないという。
問題ないので入った(10000 キープ)。
特に見るところがない展示だった。
アメリカに爆撃されたり、
フランスにひどいことをされたというような展示があった。
いったんホテルに戻る。
シャワーを浴びてベッドでゴロゴロした。

18 時前に日も傾いてきたので
夕食に出かけた。
その前にリバーサイドのほうを少し歩いてみた。



レストランやホテルがたくさんあって



川の近くにはお決まりのマーケットがあって
川沿いの道ではラオス人がジョギングしたりブラブラ歩いている。



その辺をもう少し歩いてから
「Namaste India」に行った。
チキンカレーとプレーンライス、プレーンナン、
スイートラッシーを頼んだ(43000 バーツ)。



チキンカレーはきのうのベジカレーと味が同じで
鶏肉ももうひとつ。
ナンはちょっとパサパサしている。
トリップアドバイザーで評判が良かったので
「ロイヤルインディア」よりぜんぜんおいしいんだろうなと思っていたが
「ロイヤルインディア」のほうがいいと思う。

お腹の具合がどうもまだ治っていなくて
明日からまた移動なので
薬を買うために薬局を探した。
結構そのあたりを歩き回って
True Coffee の近くで小さい薬局を見つけた。
おばさんは英語を話して
親切に薬を選んで説明してくれた。
AntiBiotics だという。
10 錠(5 回分)で 2000 キープだ。
隣のお店で水を買ってすぐに飲んだ。

きのうのインターネットカフェでまたブログを書いた。

| タイ旅行 2016 夏 チェンマイ | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
| - | 21:22 | - | - | ↑TOP |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
:::PROFILE:::
:::INFO:::
・ 日本とタイの時差: 2 時間
・ 100 バーツ ≒ 350 円
チェンマイのお店マップ

・ 日本とポーランド(夏時間)の時差: 7 時間
・ 1 ズウォティ(PLN) ≒ 30 円
クラクフのお店マップ

:::SELECTED ENTRIES:::
:::PICKUP:::

タイ旅行 2020 チェンマイ
日付順に表示
ランパーン小旅行

タイ旅行 2019夏 チェンマイ
日付順に表示
チェンライ小旅行
ランパーン小旅行 1 日目
ランパーン小旅行 2 日目以降

タイ旅行 2019 チェンマイ
日付順に表示

ポーランド旅行 2018 クラクフ
日付順に表示
プラハ・ブダペスト小旅行

タイ旅行 2018 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2016 夏 チェンマイ
日付順に表示
<ビエンチャンにビザランに行く>
7/24 ピッサヌロークに移動する(1)
7/25 ビエンチャンに移動(2)
7/26 ビエンチャン 2 日目(3)
7/27 タイに再入国(4)
7/28 スコータイに移動する(5)
7/29 スコータイ 2 日目(6)
7/30 チェンマイに戻る(7)

タイ旅行 2016 チェンマイ
日付順に表示
ラムパーンに小旅行に行ってみる
ラムパーン 2 日目
ラムパーンからチェンマイに戻る
パヤオに行ってみる
パヤオ 2 日目
パヤオからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 夏 チェンマイ
日付順に表示
パーイに行ってみる
パーイ滞在
パーイからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 冬 チェンマイ
日付順に表示
バンコク銀行に口座を開設した
ジョムトンに行ってきた
チェンダオで散歩してきた
クアラルンプールのチャイナタウン観光
マラッカ観光

ベトナム旅行 2014 夏 ニャチャン
日付順に表示
ニャチャンのお店マップ
ダイビングに行ってきた
国立海洋学博物館に行ってみた
ホンチョン岬に行ってみた
4 番のバスのルートマップ

沖縄旅行 2014 2月
日付順に表示
レンタカーで沖縄観光(辺戸岬、県道 70 号線、名護、辺野古)
旧海軍司令部壕に行ってみた
沖縄本島南部と伊計島にドライブ

タイ旅行 2013 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2013 2月 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2011 イサーン
日付順に表示
ムクダハーン〜サワナケット
サコンナコン観光
ピーマイ観光
アユタヤ観光

青春18きっぷで小旅行
青春18きっぷで京都に行った(春)
青春18きっぷで京都に行った(夏)
青春18きっぷで名古屋に行った

その他の旅行
バンコク 〜 マハーチャイ、メークロン、アンパワ小旅行
チェンマイのドイ ステープ寺で1週間ヴィパッサナ瞑想の修行をしてきた
アンコールワット近辺 遺跡巡り1
アンコールワット近辺 遺跡巡り2
ラオス旅行 デット島とコーン島

旅行以外の記事
ルーテシア3のワイパーを交換した
タブレット(Nexus7)を購入した
コインランドリーで掛け布団を洗ってみた
温水洗浄便座が壊れた

動画
動画の保存場所(Youtube)

:::CATEGORIES:::
:::ARCHIVES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::RECENT TRACKBACK:::