4/4から1ヶ月間、タイに旅行している。

4/4の夕方に成田を出発したのだけれど
機内で御飯を食べてから寝ていたら機長のアナウンスが入って、
カーゴ ルームで火災があったらしい。
すでに消火剤で鎮火しているが、安全のために香港に着陸することになった。
飛行機でトラブルがあったのは初めてなのでちょっと怖かったが
客室乗務員が落ち着いているのでもう問題はないのだろう。
30分ほどで香港に着いて、ゲートで待機していたが
結局すぐに出発できないので、一晩泊まって明日バンコクに向かうことになった。

エアポートホテルにただで泊まれるのはいいが、荷物を預けたままなので
コンタクトのケースや洗浄液が出せないので困った。
ホテルにも置いていないらしいし、空港のコンビニにもなかったので
仕方なくコンタクトをしたまま寝た。
目薬は持っていたので、寝る前と起きたときに注したらそれほど不快感はなかった。
到着したのも深夜だったので、寝たのは午前2時くらいだった。

翌日、バンコク行きの飛行機が15:00出発と発表されて、
チェックインまで4時間ほどあったので
香港の町を見に行くことにした。
香港には来たことがなかったので好都合だった。
エアポート エクスプレスでカオルンまで片道90HK$だが
当日に往復すると同じく90HK$で行けるらしい。
これなら片道300円程度だ。
カオルンまで30分ほどで着くので、正味2時間ほど散策できる。
空港のホテル カウンターで暇そうにしていた人に
一緒にプランを立ててもらってから出発した。

エアポート エクスプレスは新しくて途中の景色も結構良い。
カオルン駅は新しくてショップなどがたくさん入っていて広いので
出口が分からずにしばらく中をウロウロしてしまった。
香港島の見える方向に歩いていたら、NATHAN ROAD という表示があった。
ああ、ネイザン ロードか、テレビ(深夜特急)で見たことあるなと思って
カオルンの先端の海峡のところまで歩いた。
ここからは、対岸に香港島の高層ビル群が見えて良い景色だ。
しばらく景色を見ながら休んだ。カオルン駅から歩くと結構ある。

簡単な地図はもらったが、ガイドを持っていないので、
見所が分からないので適当に来た道をジグザグに歩いてみた。
ペニンスラ ホテルに入ってみたが、まあ立派なホテルだなという感じ。
深夜特急で沢木が泊まった重慶マンションがあったので中をウロウロ歩いてみた。
奥の方はなぜか小さなインド料理屋がたくさんあった。
あとは、JORDAN ROAD の辺りがいろいろ店があってにぎやかだった。

2時間ほど歩いただけだが飛行機の中用の格好のジーンズだったので
結構汗ばむくらいだった。
さすがに香港はこの時期でも暑い。
トイレで顔と腕を洗ってさっぱりして空港に戻った。
2時間しか見られなかったが自分としては十分だったかなという感じがした。
あまり買い物するほうではないので、町をざっと見られただけで満足だった。
道を聞いたりして何人か香港の人と話したがなかなか親切だった。

夕方、ようやくバンコクに着いた。
| タイ旅行 2008 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
4/5
バンコクでは、国立競技場近くのA1インというゲストハウスに泊まった。
翌日スコータイに行くつもりなので安くてエアコンのあるところにした。
400Bなのでまあまあか?
エアコンはあるが、元物置みたいな部屋だった。
NHKは見られた。

4/6
翌日、北バスターミナルに行くためにMRTでモーチットで降りたら、
歩きで行くには遠いらしい。
タクシーで値段を聞いたら100Bだというのでそれに乗った。
よく考えたらそれほど遠くはないはずなのでちょっと高かった。
本当は30Bくらいか?

ターミナルでスコータイ行きのバスを尋ねたら、
11:00の1等は満席で、12:00のエアコンなしの2等しかないという。
スコータイの近くのピッサヌローク行きも適当なバスがないので、
仕方なくその2等のバスにした。
出発まで2時間あるので、ダンキンドーナッツでお茶して、
待合スペースに座ってちょっと寝た。

12時前に乗り場に行くと、エアコンバスだった。
少し古くてボロイがそれほど1等と違わないかもしれない。
バンコクからスコータイまでは高速道路で行くが、
田んぼややしの木が見えたりする景色がずっと続くのでちょっと飽きる。
やっぱり飛行機でチェンマイに行ったほうが良かったかなーと思ったが
それだとスコータイに来るのが面倒になる。
まあバスもわりと快適だったので良かった。
途中の休憩タイムに米の麺のヌードルを食べた。
バスで移動中はお腹をこわすのもいやなので、あまり食べないようにしていたが、
少し腹が減っていたので食べてみた。
ツミレや豚肉などが入っていて美味しかった。
食べ終わったら、あっという間に30分が過ぎていて出発した。

19:00ごろスコータイに到着。
歩き方に載っていたリバーハウスに行ったが、かなりシンプルな部屋だった。
ファンだけで、シャワー、トイレは共同。
自分はまあここでもいいかと思ったが、
ゲストハウスの人が他も見てから決めてもいいよというので
トゥクトゥクのドライバに案内してもらって
GARDEN HOUSE というところに泊まることにした。
ファンだが、シャワー、トイレは付いている。
木製のテラスがあって、周りが庭のようになっている。

4/7
日本を出てから移動移動だったので、今日は休むことにした。
遺跡をまわる気力は今日はない。
スコータイの遺跡は明日バイクを借りて行こう。
部屋の前のテラスで本を読んでいたら、周りの木にいろいろな鳥が来て楽しめた。
ひとつは、スズメ位の大きさの黒い鳥で尻尾が長く、先が少し白くなっている。
この鳥はリスのようにチョコチョコ動くので見ていて楽しい。
尻尾を扇のように広げたりする。
他には、ハチドリのような小さな鳥も来ていた。

今回は、旅行中に読む本として、立花 隆の「臨死体験」を持ってきた。
上、下で1000ページある結構長い本だ。
今日までで4分の1ほど読んだが、予想していたより非常に面白い。
始めのうちは、臨死体験についてのレポートから考察をしていたのだけれど、
途中から宇宙人にUFOに乗せてもらった人の話やら、
別の世界(あの世?)の話やら、より良い世界の創造についての話になって
一体この話はどこまで行ってしまうのだろうという感じだ。
あと残り4分の3残っているので楽しみだ。

昼間は、かなり暑いが明日は遺跡に行ってこよう。
行かないとチェンマイに進めない。
| タイ旅行 2008 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
4/8
きょうは、朝からバイクを借りてスコータイのオールド シティ(遺跡群)に行ってきた。
バイクに乗るのは、去年コチャーンで乗って以来だ。
マニュアルのバイクを頼んだら、
ホンダのカブなんだけどクラッチがなくて、ブレーキが右足にあるので最初は戸惑った。
スコータイの新市街から遺跡群までは12kmなのでゆっくり行っても20分ほどか?
きょうも暑いがバイクに乗っていると気持ちがいい。
コチャーンでは日焼け止めを塗らなくて失敗したが、
今回はチャンと塗ったので問題ないだろう。

遺跡に着くと広い池のようなのがそこここにある。
大きな木がたくさん生えていてきれいだ。木陰で休むこともできそうだ。
料金所で入場料60Bを払ってバイクでそのまま中に入る。
遺跡群の中は公園のようになっていてかなり広い。
歩いたらちょっときついだろうなというくらいの広さだ。
みんな、園内用のバスか、自転車か、バイクで回っている。

小型のアンコールワットみたいのを想像していたのだけど、
それほどのものではなかった。
ワット マハタートというのが一番大きいけど
サッカー場くらいの広さにモニュメントが点在している感じだ。
仏塔のレンガがすごく古びていていい感じになっている。

暑いので池の近くの木陰で何度も休んだ。
普段缶ジュースを一気に飲むことはまずないんだけど、
きょうは水を持っていかなかったので喉が渇いていてあっというまに飲んでしまった。

ワット マハタート以外は小さな遺跡が5つほどあるだけなので、
わりと早い時間に見終わってしまった。
10時くらいに見始めて、13時くらいまで見ていた。
帰りにバスターミナルでチェンマイ行きのバスをチェックして宿に帰った。
大体1時間置きに出ているそうだ。

宿に帰ってもまだバイクを返すまで時間があるので他の場所に行こうと思ったが
近くに適当な見所がないので
国立公園がある方向にとりあえず走ってみることにした。
遺跡への往復でだいぶバイクにも慣れて、気持ちよかったのでもっと走りたかったのだ。
国道みたいな道をずっと北の方?に走った。
道は広くて走りやすいけど、ほとんど真っ直ぐでまわりもよくあるタイの景色なので
本当にただバイクに乗りたくて乗っているだけという感じだった。
1時間半くらい走ってスワンカーロク?というところまで行って戻ってきた。

夕食は宿の近くの歩き方に載っていたクン タノーデというところで食べた。
イスがパイプ イスなので失敗したかなと思ったが、料理は非常に美味しかった。
春雨と鶏肉のサラダはタイ風の味付けで上品な感じで美味しい。
レモンとガーリックで味付けしたタイのような魚も美味しかった。

これで満足してチェンマイに行けそうだ。
| タイ旅行 2008 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
4/9
きょうはスコータイからチェンマイに移動する。
10:10のバスにすんなり乗って、
そう言えばパスポートはどこにあったっけ?と思った。
今朝パッキングしたときにも見た覚えがない。
アッと思い出してゲストハウスに預けたままだと気がついた。
バスは、スコータイの市街地を抜けたあたりを走っていた。
すぐに、バスの添乗員に降りるから止めてくれと言ったが
英語がわからないらしくなかなか通じない。
なんとか身振り手振りで止めてもらって降りた。
が、もう市街地を出てしまっていてトゥクトゥクやタクシーも見当たらない。
露店の人に聞いてみたが英語が通じずよくわからない。
とりあえず、スコータイ方向に戻ったら
大きな交差点の向こう側にトゥクトゥクが何台かいた。
これで一安心だ。
ゲストハウスまで40Bだというので高くない。
ゲストハウスに戻ってパスポートを受け取って、バスターミナルに戻った。
10:10のバス用に買ったチケットも、次の11:00のバスに使えるそうだ。
1時間遅れになってしまったが、まあ良かった。
夕方にはチェンマイに着くだろう。

チェンマイでは歩き方に載っていたプラザ インというところに泊まることにした。
チェンマイは大きな町のようなのでエアコンがないときついだろうと思ったからだ。
プラザ インはエアコン付きの部屋で300Bとなっている。
が、行ってみたら500Bだった。
宿探しするのも面倒なのでここに決めた。
部屋は、日本人の経営と書いてあったのできれいなんだろうと思っていたが
壁がちょっと汚れていたり傷があったり、洗面所の水が流れなかったり、
クモの巣が張っていたり、ちょっとしょぼい感じだ。
NHKの国際放送が見られると書いてあったが、タイ語の放送が2局見られるだけだ。
先月発行の最新版の歩き方なのにこれだけ情報が違うのはどうかと思う。
明日、町を散策しながら目星を付けていた他のゲストハウスを見てみよう。

きょうインターネットをチェックしていたら、
Airasia でバンコク行きのフライトがプロモーションで99Bで出ていた。
350円くらいだ。バス(600Bくらい)より遥かに安い。
まだいつバンコクに戻るか決めていないが
350円ならとりあえずとっておいてもいい。
出発日が近づくと普通の値段に戻ってしまうから早いうちに予約しよう。

このブログに写真をアップしようとしたが、
カメラのメディアがおかしくなって、カードリーダーで読み込めなかった。
カメラに戻しても読めなくなってしまった。
折角スコータイの遺跡のいい写真があったのに全部消えてしまった。
残念。
| タイ旅行 2008 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
4/10
チェンマイの町を見に行こうとして受付でカギを渡したら、
日本語の電話がかかってきて、日本語が話せる人がいないので代わりに出てあげた。
田中さんという人で、年配の方のようで英語は話せないらしい。
一ヶ月前に3人分予約して駅に迎えに来るはずなのだけど来ないということだった。
受付の人にそういうと予約は入っていないという。
とりあえず部屋は空いているので、田中さん達は来ることになった。

その後、自転車を借りようとしたがパスポートが必要なので戻ってきたら
田中さん達はプラザインを出て行くところだった。
値段が高くて嫌なんだそうだ。
外で話を聞いてみたら、このホテルのオーナーが昨年変わっていて、
日本人のオーナーはもう日本に帰って、
今はタイ人のオーナーに変わったのだそうだ。
だから、無料のコーヒーや自転車がなくなっていたのだ。
しかし、田中さん達はおじいさんなのだが、
ちょっと値段が高いだけでガイドブックもないのに他のホテルを探しにいったのは
非常に元気がいい。
僕があっさり諦めたのに大したものだ。

昨日少し歩いてみて、歩きでチェンマイを回るのはかなり大変そうなので、
自転車を借りることにした。
24時間で50B。まあまあ安い。
自転車だと一気に散策が楽になる。
細い路地まで楽にいろいろ見てまわることができる。
チェンマイは旧市街の堀と城壁の内側が
細い路地が多くて静かでカフェとかも多くて面白い。
3時間ほどで旧市街の主なところを見て回ることができた。

歩き方に出ていたパタラ ハウスもあったので、部屋を見せてもらった。
作りはゲストハウスという感じで、
部屋はきれいだがベッドはプラザインのほうが全然いい。
多分チェンライにすぐ行くことになりそうだから、このままの部屋でいいだろう。

夕飯は、歩き方に載っていたファン ペンというところに行った。
北部タイ料理を出すレストランで骨董品などが店内にたくさんある。
折角なのですべて北タイ料理をたのんだ。
北部タイ風のジャックフルーツサラダに、北部タイ風のカレーに、
北部タイ風のソーセージにした。
どれも結構美味しかった。カレーはちょっと自分にはカラめだったが美味かった。
ジャックフルーツサラダは
どこにジャックフルーツサラダが入っているのかわからなかったがまあ美味しかった。
これで、200Bは安い。
明日はティー ウォクというところに行ってみるつもりだ。

前回 Airasia のチェンマイ〜バンコクが99Bだと書いたが、
実際精算まで進んでみると燃料代などで930Bになるようだ。
それでも、バスでバンコクまで帰る時間と苦痛を考えたら安いだろう。
瞑想センターに入る前に決めて予約しておこう。
チェンマイはかなり暑いので瞑想センターに行くのもちょっと躊躇う。
瞑想センターはエアコンなんてないし、
蚊もたくさんいるだろうし、それを叩いて殺すこともおおっぴらにはできないのだ。
まあ日程的には調度よいので行ったほうがいいだろう。
| タイ旅行 2008 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
:::PROFILE:::
:::INFO:::
・ 日本とタイの時差: 2 時間
・ 100 バーツ ≒ 350 円
チェンマイのお店マップ

・ 日本とポーランド(夏時間)の時差: 7 時間
・ 1 ズウォティ(PLN) ≒ 30 円
クラクフのお店マップ

:::SELECTED ENTRIES:::
:::PICKUP:::

タイ旅行 2020 チェンマイ
日付順に表示
ランパーン小旅行

タイ旅行 2019夏 チェンマイ
日付順に表示
チェンライ小旅行
ランパーン小旅行 1 日目
ランパーン小旅行 2 日目以降

タイ旅行 2019 チェンマイ
日付順に表示

ポーランド旅行 2018 クラクフ
日付順に表示
プラハ・ブダペスト小旅行

タイ旅行 2018 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2016 夏 チェンマイ
日付順に表示
<ビエンチャンにビザランに行く>
7/24 ピッサヌロークに移動する(1)
7/25 ビエンチャンに移動(2)
7/26 ビエンチャン 2 日目(3)
7/27 タイに再入国(4)
7/28 スコータイに移動する(5)
7/29 スコータイ 2 日目(6)
7/30 チェンマイに戻る(7)

タイ旅行 2016 チェンマイ
日付順に表示
ラムパーンに小旅行に行ってみる
ラムパーン 2 日目
ラムパーンからチェンマイに戻る
パヤオに行ってみる
パヤオ 2 日目
パヤオからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 夏 チェンマイ
日付順に表示
パーイに行ってみる
パーイ滞在
パーイからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 冬 チェンマイ
日付順に表示
バンコク銀行に口座を開設した
ジョムトンに行ってきた
チェンダオで散歩してきた
クアラルンプールのチャイナタウン観光
マラッカ観光

ベトナム旅行 2014 夏 ニャチャン
日付順に表示
ニャチャンのお店マップ
ダイビングに行ってきた
国立海洋学博物館に行ってみた
ホンチョン岬に行ってみた
4 番のバスのルートマップ

沖縄旅行 2014 2月
日付順に表示
レンタカーで沖縄観光(辺戸岬、県道 70 号線、名護、辺野古)
旧海軍司令部壕に行ってみた
沖縄本島南部と伊計島にドライブ

タイ旅行 2013 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2013 2月 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2011 イサーン
日付順に表示
ムクダハーン〜サワナケット
サコンナコン観光
ピーマイ観光
アユタヤ観光

青春18きっぷで小旅行
青春18きっぷで京都に行った(春)
青春18きっぷで京都に行った(夏)
青春18きっぷで名古屋に行った

その他の旅行
バンコク 〜 マハーチャイ、メークロン、アンパワ小旅行
チェンマイのドイ ステープ寺で1週間ヴィパッサナ瞑想の修行をしてきた
アンコールワット近辺 遺跡巡り1
アンコールワット近辺 遺跡巡り2
ラオス旅行 デット島とコーン島

旅行以外の記事
ルーテシア3のワイパーを交換した
タブレット(Nexus7)を購入した
コインランドリーで掛け布団を洗ってみた
温水洗浄便座が壊れた

動画
動画の保存場所(Youtube)

:::CATEGORIES:::
:::ARCHIVES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::RECENT TRACKBACK:::