久しぶりに旅行に行けることになった。
前回行ったのは 2009 年の 7 月くらいだから 2 年ぶりだ。
今回はタイでまだ行っていないイサーン地方を回ってみようと思う。
特にすごい観光スポットはないようだが
田園風景が続いていて、のんびりできるんじゃないかと思う。
1 年のうち数ヶ月をタイで暮らしたいと思っているので
その候補地探しということもある。
バンコクやチェンマイも便利でいいが
ちょっとゴミゴミし過ぎている感じがするからだ。
イサーンでそれなりに便利な場所があったら
住むのにいいかもしれない。
前回ラオスに行くときに
ウボン ラチャタニーを通過したのだけれど
地元の人に道を訊いたら
英語はあまり話せないけれど素朴な感じがして、いい印象だった。

イサーンの風景

■ イサーンの情報を調べる

Web でイサーンのことを調べてみたが
あまり情報がなくて
イサーンを車で回ったっていう年配の人のサイトがあって
かなりのページ数があって、それなりに参考になったが
道路標識やホテルの部屋の写真が多かったりしてもうひとつだった。
海外のサイトも見てみたがほとんど情報はなかった。

■ パスポート更新

しばらく旅行に行っていない間に
パスポートの期限が迫っていた。
8 月末に切れるので更新しないといけない。
いまは市役所で更新できるので便利だが
料金が 16,000 円するのはちょっと高いなー。
パスポートができるまでに 8 日かかると
市のホームページに書いてあるので
とりあえずすぐに申請に行かないといけない。
パスポートがいつ手に入るかわからないと
チケットも買うことができないからだ。

■ パスポートの写真を用意する

ホームページを見ると
パスポートの写真の規格が変更されている。
IC 旅券になったので、顔の部分のサイズの規定が厳格になったのだ。
手元にある証明書用の写真では規格にあわないので
近くのスーパーにある証明書写真機を見に行った。
IC 旅券対応と書いてあって
撮影後にサイズを自分で調整できるようだ。
さっそく撮影した。
最近は何回か撮影して写真を選べるんだね。

■ チケット購入

パスポートが手配できたので
チケットを購入する。
ユナイテッド航空のサイトのチケットの値段は
日によって変動しているみたいなので
安いうちに買っておいたほうがいい。
Yahoo や ABROAD でもチケットを検索してみたが
今はユナイテッド航空のサイトで直接買ったほうが安かった。
「アジア行きオール込みフェアー」というのをやっているせいかも知れない。
面白いのは、
英語のサイトと日本語のサイトで同じ条件で検索すると値段が違うことだ。
この特別運賃は日本にだけ適用されているんだろうか。
全部で 48,460 円だった。

■ ユナイテッド航空のサイト

ユナイテッド航空のサイトで予約すると
座席もその場で予約できるのがいい。
行きの飛行機はいい席が残っていなかったが
帰りの飛行機は少しスペースに余裕があるいい席を予約できた。
出発前日にオンライン チェックインができるようなのでそれも試してみよう。
家からちょうど良い電車に乗っていくと
ちょっと遅れ気味に成田に到着するので
オンライン チェックインできればそのほうがいい。

■ ATM の手数料

最近タイを旅行するときに問題となるのは
お金をどうやって持っていくかだ。
数年前からタイの ATM の手数料が高くなったからだ。
いまのタイ バーツのレートは 2.6 くらいなので
手数料を 150 バーツ取られると日本円で 390 円で
国際カードでの引き出しの手数料が 3% くらいだと
10,000 円引き出したときに 690 円手数料を取られることになる。
高額の現金を持ち歩くのも嫌だし、
日本円のトラベラーズ チェックも 1% 手数料がかかって
どれくらいで両替できるかもわからない。
とりあえずこの 3 つを組み合わせて使ってみようかと思う。

エアポートリンク

スワンナプーム国際空港エアポートリンクができたようだけど
運行時間が
6 時から 24 時までなので
深夜到着、早朝出発の場合はあまり関係なさそうだ。
行きは
23:05 にバンコクに到着するので
ひょっとしたら最終の電車に間に合うかもしれない。
間に合わなかったらいままでどおりにエアポート バスを使おう。

出発は 8 月に入ってからだが楽しみだ。
| タイ旅行 2011 イサーン | 20:50 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP |
8/3

ようやくタイに出発する日が来た。
12 時過ぎの電車に乗るつもりだったが
ぎりぎりでいくのも何なので
1 本早い電車で京成線経由で行くことにした。
新橋で都営浅草線に乗り換える。
というか新しいルートでそのまま成田空港まで行く電車に乗った。
このルートだと成田駅は通らないようだ。

チェックインはきのうインターネットで済ませているので
出発階の建物の外側にあるユナイテッドのブースに行って荷物を預けた。

円のトラベラーズ チェックを買うために三菱東京銀行の支店に行く。
トラベラーズ チェックの手数料は 1% のはずだったが
2% に上がったそうなので買うのはやめた。
これで結局日本円の現金を 6 万円そのまま持っていくことになった。
今回はほとんどイサーンにいるので
盗難の心配はそれほどないだろう。

普通に搭乗したが
管制から許可が下りないそうで
そのまま 25 分待たされて離陸した。
沖縄あたりでは結構揺れた。
台風の影響だろうか?
キャビンアテンダントにきいたら
台湾よりのルートを取っているらしいが。

窓側の隣に座っていた人と話した。
レース関係の仕事をしているそうだ。
座っていたら足がつった。

バンコクには定刻に着いたそうだ。
入国手続きをして少し円をバーツに両替して
ターンテーブルのほうに歩いていったら
目の前に自分のバッグがあった。
いままでで最短の待ち時間、というかまったく待たなかった。

まだ、23:30 くらいなのでエアポート リンクがまだやっているか
地下に見に行った。
最後の 24:00 の電車がまだあるそうだ。90 バーツ。
電車で行けるのは楽だ。









パヤータイまでノンストップであっという間だった。



BTS は終わっているそうなので歩いてラチャテウィーというか
ペッブリー通りの予約したホテルまで歩く。
一駅分だからたいしたことはないが
フライトの後にキャスターバッグを引きながらなので疲れた。
予約しておいたホテルはサムラン プレイスだ。



部屋は汚くはないがちょっと微妙な感じで
また利用することはないかなと思う。



| タイ旅行 2011 イサーン | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
8/4

きのう、夜遅くバンコクについたので
寝過ごすかと思ったが
夜中に何度か起きて、8 時には目が覚めてしまった。
サムラン プレイスは朝食がついているので
下に食べに行った。
タイ料理などを選択できるようになっている。
目玉焼きとハムを食べたかったのでアメリカン ブレックファストにした。

特に急いでもいないのでゆっくり休んでコラートに出発した。
ホテルの前でトゥクトゥクのドライバが話しかけてきて
少し話したら、TAT まで乗せていこうとしているので
切り上げて BTS の駅に向かった。
BTS のサパーン クワイまで行って
タクシーで北バス ターミナルまで行った。

一番近くの窓口で「パイ コラート」と言ったら
タイ語で返されてしまって意味がわからなかったが
指を 3 本立てているので 3 階ということだろう。
3 階の窓口で 1 等のチケットを買ったら
窓口のおばさんがブースから出てきてお釣りを私に渡してすたすた歩き始めた。
こちらをまったく振り返らないので休憩にでもいくのかなと思って
その場にいたら、しばらくして戻ってきて「ついて来い」という。
バスの乗り場まで案内してくれた。
11:55 発なのでまだ 30分くらいあるが
「すぐにバスが来るからここで待っていろ」と言われた。
しばらくしてバスがきたがなかなか出発しないで
結局 20 分遅れくらいで出発した。
動き出したら車掌の女性が弁当、水、お菓子、ジュースを順番に持ってきてくれた。
1 等だといろいろサービスがあるんだな。
乗客は 10 人くらいで私以外は全部タイ人だ。
コラートまで約 3 時間なので結構かかる。
半分くらいまで来たところで弁当を開けてみた。
ご飯にピリ辛の味付けの鶏肉がのっているだけだけど美味しかった。
ちょうど 3 時間くらいで 12:15 にコラートに着いた。

歩き方でチェックしておいたチュンポン ホテルにタクシーで向かう。
初乗り 30 バーツだから結構するのかなと思ったが 34 バーツだった。
400 バーツと 500 バーツの部屋があったが
500 バーツのほうが新しくて快適そうだったのでそちらにした。
移動移動でちょっと疲れたので、少し休んでから町に出た。



ホテルの近くにヤー モー像がある。
これがコラート一番の観光名所らしい。



後は繁華街のあたりをぶらぶらしてみた。
まあタイの普通の街なんだなという感じだ。



観光客は欧米人らしい人が何人かいたが日本人は 1 人もいない。
夕食は何軒かの店が共同でやっているミニ フードコートみたいなところで食べた。
豚肉とさやえんどうとアスパラの炒め物で肉の味はあまりしなかったがまあ美味しかった。
おじさんが「ちょっと辛いよ」と言っていたが、まあ許容範囲だった。



インターネットを使いたいと思ったがインターネット カフェらしきものは見当たらなかった。
コラートでこれでは他の小さな街に行ったら
まったくインターネットを使えないかもしれない。

| タイ旅行 2011 イサーン | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
8/5

きょうもいつもどおりに 8 時に起きた。
もうタイ時間に体が適応できたのだろうか。
ロビーで朝飯を食べられるところを聴いたら
例によって、ホテルのレストランに案内された。
タイ人のおばさんがいて
英語があまり通じないようで困ったなと思ったら
「なに人だ」と聴くので「日本人だ」と言ったら
日本語で話し始めた。
日本に居たことがあって
東京のイミグレーションで働いていたそうだ。
それにしては日本語はそれほど話せない。
「コーヒーが飲みたいの」というので「そうだね」と言ったら
アメリカン ブレックファストを作ってくれた。
ハムやソーセージはなかなか美味しかった。
70 バーツは少し高かったがまあがんばってくれたのでいいだろう。



ちょっと休んで、コーンケンに出発する。
ロビーで「バス ターミナルに行くにはどうすればいい?」と聴いたら
「7 番のソンテオに乗ればいい」というのでそうすることにした。
ヤー モー像の横の交差点で適当に待っていたら
7 番のソンテオが来た。
手を上げたら止まってくれて、普通に乗れた。
前にいた若いタイ人に「この車、バス ターミナルに行くか」と聴いたら
「行く」というので安心した。
トゥクトゥクは 60 バーツだといっていたが、ソンテオは 8 バーツだった。

バス ターミナルのチケット売り場で
試しにタイ語で「パイ コーンケン」と行ってみたら
「いま出るからすぐに乗れ」と言われて
目の前のバスに乗せられた。
1 等が良かったけど、どうみても 2 等だった。
外国人は私だけで、空いている席は一番後ろの 1 つだけだった。
10:30 に出発すると、車掌が来て料金を払った。
118 バーツだった。



このバスは冷房はまあまあ効いているけれど
路面の悪いところで結構揺れる。
地元の人ばかりでカーテンがほとんど閉められているので
USB プレーヤーで音楽を聴いていた。
3 時間くらいでコーンケンに到着した。
途中で 1 人後ろの席に座ってきて 5 人がけになってからかなり窮屈だった。

歩き方でホテルをチェックして
サムローでサワデー ホテルに移動した。
普通の部屋は学生のイベントがあるらしくていっぱいで
デラックスの部屋をかりることにした。
560 バーツだ。
まあまあきれいで快適そうな部屋だ。

少し休んでから、街を散策に行った。
ホテルの背後はマーケットになっているようで
いろいろな店があった。
メガネが 99 バーツであったので
手にとって少し広げてみたら、柄の部分が取れてしまったので
適当にたたんでその場から去った。

少し歩いたら、歩き方に載っていたイタリアンのレストランがあったので
食事することにした。
昼飯をまだ食べていなかった。
この後イサーンでイタリアンを食べる機会はないと思うので
ここで食べておこうと思ったのだ。
レストランというかカフェみたいな感じだった。
夜もまた食べると思うのでピザの一番小さい S サイズにした。
チャーン ビールを注文したら氷入りで出てきた。
タイの氷って大丈夫だったっけ?
まあきれいな店なので信用することにした。
やっぱりビールはうまい。



ピザはちょっとパンっぽいけどまあまあ美味しかった。
他に客はいなかったので、ゆっくりビールを楽しんだ。
バス ターミナルの辺りまで歩いてホテルに戻った。

日が暮れるまで部屋で休んで
パブ エリアと駅のほうを散策してみる。
パブ エリアはやっぱり地元の人ばかりで
駅の近くの店はかなり人が入っていた。
そこにインターネット カフェが何軒かあったので
「日本語を入力できるか」と聴いたら
どの店でも駄目だというが
OS が XP だし、料金も 1 時間 10 バーツだったので使うことにした。
ホテルのインターネットは 40 バーツなので 4 分の 1 だ。
日本語は言語の設定で追加したらあっさり入力できた。
日本を出てから初めてネットを使用できた。

ホテルの近くに夜に屋台街になるところがあるので見に行った。
端っこの屋台で焼き鳥みたいなのがあったので
内臓の部分の焼き鳥を買ってみた。
見た目は美味しそうだったがあまり美味しくなかった。
| タイ旅行 2011 イサーン | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
8/6

朝食はきのうの夜見かけたお粥の店にしようと思って探したが見つからない。
朝はやっていないようだ。
適当な店がなくて結構歩いた。
結局麺類をだしている店にした。



鶏肉が入っていて美味しい。35 バーツ。



ホテルの人にきいた黄色のソンテオでバス ターミナルへ。
10:30 ルーイへ出発。129 バーツ。
バスはすいていた。
14:10 にルーイに到着。
トゥクトゥクでロイヤルイン ホテルに行く。30 バーツ。
部屋を見せてもらったら
掃除係の人がいて
「この人なんでタイ語を話さないのー!信じられない!」という感じで
私のことを言っていたようだ。
これはもう少し本気でタイ語を勉強しないと
イサーンの旅行はきついかもしれない。
部屋はそこそこ快適だ。

ホテルでもらった地図を見て昼飯を食べに行った。
ロータリーの先に何件かローカルな食堂があったのでそこにした。
英語がまったく通じないので
焼いている鶏を指さして、
これとご飯をくれと注文した。
しばらくすると若い店員がきて
「パパイヤ サラダを食べるか」というのでそれももらった。
鶏は非常に美味しい。



パパイヤ サラダはちょっと辛くて、
まあこんなものかなという感じだった。
ご飯はもち米だった。
宿に戻って歩き方を見たら
3 つともイサーンの名物料理に挙げられていた。

街をちょっと歩いてみたが



本当に特に見るものはないようだ。



ホテルに戻ってシャワーを浴びてテレビを見ていたら寝てしまった。

夜、屋台街に行ってみた。
| タイ旅行 2011 イサーン | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
:::PROFILE:::
:::INFO:::
・ 日本とタイの時差: 2 時間
・ 100 バーツ ≒ 350 円
チェンマイのお店マップ

・ 日本とポーランド(夏時間)の時差: 7 時間
・ 1 ズウォティ(PLN) ≒ 30 円
クラクフのお店マップ

:::SELECTED ENTRIES:::
:::PICKUP:::

タイ旅行 2020 チェンマイ
日付順に表示
ランパーン小旅行

タイ旅行 2019夏 チェンマイ
日付順に表示
チェンライ小旅行
ランパーン小旅行 1 日目
ランパーン小旅行 2 日目以降

タイ旅行 2019 チェンマイ
日付順に表示

ポーランド旅行 2018 クラクフ
日付順に表示
プラハ・ブダペスト小旅行

タイ旅行 2018 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2016 夏 チェンマイ
日付順に表示
<ビエンチャンにビザランに行く>
7/24 ピッサヌロークに移動する(1)
7/25 ビエンチャンに移動(2)
7/26 ビエンチャン 2 日目(3)
7/27 タイに再入国(4)
7/28 スコータイに移動する(5)
7/29 スコータイ 2 日目(6)
7/30 チェンマイに戻る(7)

タイ旅行 2016 チェンマイ
日付順に表示
ラムパーンに小旅行に行ってみる
ラムパーン 2 日目
ラムパーンからチェンマイに戻る
パヤオに行ってみる
パヤオ 2 日目
パヤオからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 夏 チェンマイ
日付順に表示
パーイに行ってみる
パーイ滞在
パーイからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 冬 チェンマイ
日付順に表示
バンコク銀行に口座を開設した
ジョムトンに行ってきた
チェンダオで散歩してきた
クアラルンプールのチャイナタウン観光
マラッカ観光

ベトナム旅行 2014 夏 ニャチャン
日付順に表示
ニャチャンのお店マップ
ダイビングに行ってきた
国立海洋学博物館に行ってみた
ホンチョン岬に行ってみた
4 番のバスのルートマップ

沖縄旅行 2014 2月
日付順に表示
レンタカーで沖縄観光(辺戸岬、県道 70 号線、名護、辺野古)
旧海軍司令部壕に行ってみた
沖縄本島南部と伊計島にドライブ

タイ旅行 2013 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2013 2月 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2011 イサーン
日付順に表示
ムクダハーン〜サワナケット
サコンナコン観光
ピーマイ観光
アユタヤ観光

青春18きっぷで小旅行
青春18きっぷで京都に行った(春)
青春18きっぷで京都に行った(夏)
青春18きっぷで名古屋に行った

その他の旅行
バンコク 〜 マハーチャイ、メークロン、アンパワ小旅行
チェンマイのドイ ステープ寺で1週間ヴィパッサナ瞑想の修行をしてきた
アンコールワット近辺 遺跡巡り1
アンコールワット近辺 遺跡巡り2
ラオス旅行 デット島とコーン島

旅行以外の記事
ルーテシア3のワイパーを交換した
タブレット(Nexus7)を購入した
コインランドリーで掛け布団を洗ってみた
温水洗浄便座が壊れた

動画
動画の保存場所(Youtube)

:::CATEGORIES:::
:::ARCHIVES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::RECENT TRACKBACK:::