6/22

仕事もようやく片付いて、きょうからカンボジアとラオスに旅行に行く。
ラオスは前回ベトナムに行ったときに2時間くらい滞在したがほとんど初めてだ。
カンボジアはまったく初めて。
飛行機でバンコクから入って、カンボジア、ラオスをメコン川沿いにさかのぼって
ゴールデントライアングルあたりからタイに入って、バンコクに戻ってくる予定だ。
カンボジアとラオスにそれぞれ2週間くらいいるつもり。
どっちの国も移動がしんどそうだが、時間に余裕があるのでゆっくり行けば大丈夫だろう。
アンコールワットとルアンパバーンが楽しみだ。



チケットはエバー航空で2万円というのがあったが
行きも帰りも台北に1泊しなければならないので
ユナイテッド航空で行くことにした。
エービーロードで最安32,400円だったが
ユナイテッドのサイトだと32,900円で座席を指定できるのでそちらで購入した。
行きは後ろから3列目の普通より少し広い席の窓側をとることができた。

海外に行くついでに千葉の実家に寄ったので
実家から成田空港に向かった。
今回はユナイテッド航空を使うのだけれど
ターミナルを調べるのを忘れて、ターミナル2で降りて駅員さんに聞いたら
ターミナル1だったので、また電車に乗り込んだ。
エアポート成田の乗り継ぎが悪くて40分前に着いてしまった。
ちょうど良いので書留と、実家で読み終わってしまった本をメール便で出しに行く。
書留は郵便局で簡単に送れたが、メール便は成田空港では出せないらしい。
仕方なく、ゆうメールで送った。

チェックインを済ませて、実家でメールチェックできなかったのでインターネットを少し使って、
USドルを買った。

搭乗口に行ったら乗り継ぎの便が遅れたか何かで出発が30分くらい遅れるらしい。
乗り込んでからもかなり待たされて結局1時間遅れで出発した。
昼ご飯を食べてから何も食べていなかったのでだいぶお腹が減っていた。
夕食が出てきたのは21時過ぎだった。
飛行機は747で座席にはテレビはなかった。
遠くのテレビでやっている映画もおもしろそうではなかったので本を読んでいた。
今回は志賀直哉の「暗夜行路」を持ってきた。
実家で前編を読んでしまったので、いまは2巻目だ。
ちょっと寝たりしたら割りとすぐにバンコクに着いてしまった。
遅れもだいぶ取り戻したようだ。
入国手続きをして、バッグを受け取ったら
もうエアポートバスがなくなっていて
タクシーで行かざるを得なかった。
前回ホーチミンで揉めたので、ちょっと緊張したが
400バーツで行くというドライバーがいたのでそのドライバーに頼んだ。
300バーツといってみたが、400バーツで譲らないのでまあ適当な値段なのだろう。
何の問題もなくホテルの前まで連れて行ってくれた。
ホーチミンとは大違いだ。
やっぱりタイは他の東南アジアの国に比べるとだいぶ洗練されていると思う。
カンボジアやベトナムではこうはいかない。

ホテルは、プラトゥナムに近いバンコク シティ インだ。
ネットで評判が良かったので今回試しに泊まってみる。
オーナーが中国系のような感じだ。
部屋は必要なものはあるけれど特にきれいでもない。
値段なりでいいと思うが、また泊まりたいという感じはちょっとしない。
日本に帰るときは別のホテルを試してみようと思う。

明日はカンボジア国境のアランヤプラテートにバスで移動する。
カンボジアには明後日入るので、明日はのんびり移動できる。

| カンボジア・ラオス旅行 2009 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
6/23

きょうはバンコクからカンボジアとの国境のアランヤプラテートまでバスで移動する。
5時間くらいで着くので昼前に出発できればいいだろう。
実家でも飛行機でも寝てばかりいたので
早く目が覚めてしまった。
バンコク シティ インの朝食はトーストとチャーハンなどがあって
特に美味しくも不味くもなかった。
時間があるのでインターネットをやろうとしたが
近くのビッグCにあるらしいのだけれど、まだ開いてないし
他に見当たらないので移動してからやることにした。
ついでにぶらぶら歩いたらプラトゥナームのすぐ近くにボート乗り場があって意外な感じがした。



BTSでサパーン クワイまで行ってタクシーでモーチット バス ステーションに行った。
アランヤプラテートまでのチケットは207バーツで30分後(10;30)に出発する。
15:30くらいには到着するだろう。

出発して10分くらいしたら隣の高校生くらいのタイ人の女の子が吐いていた。
まだこれから5時間あるんだよ。
変な仁丹みたいな臭いのスプレーを鼻に吹きかけていたので臭くはなかったので助かった。
タイの映画をテレビに流していたが、意味がわからないので見なかった。
コメディーっぽいのだけれどジャングルで兵隊に追われて撃たれたりして
日本ではありえない設定だった。
主演の女優は名前はわからないけれどすごくきれいだった。

アランヤプラテートに着くとバイクタクシーが寄ってきて
60バーツでマーケット モーテルまで行くと言うので頼んだ。
3kmと言っていたがかなり走って、国境近くの変な事務所で止まった。
男が5人くらいいて、カンボジア入国の手続きをするという。
入国カードなどをそいつらが記入して300バーツだと言ってきた。
国境で金を取るはずはないので
「お前は誰だ」と言ったら
カンボジアの役人だと言って
パウチッコで作ったようなカードを見せてきた。
これは誰でも作れるし、証明者の記載がなく、タイ政府と書いてあった。
カンボジア人がタイ政府の配下で越境の手続きをするわけはないので
偽物とみなして無視してバイクタクシーに戻った。
マーケット モーテルに行けと言ったら
人家のない道をどんどん進んでいった。
これは何かまずいかなと思ったが
町らしきものが見えてきて
マーケット モーテルに着いた。
要はもときた道を戻るとインチキ国境事務所に無駄に連れて行ったことになるので
別の道を使って町に戻ってきただけだった。
マーケット モーテルって国境近くのマーケットの近くにあるのかと思ったら
町の中のマーケットの近くにあるようだ。

バイクタクシーの男に「あの事務所はインチキだろ」と言ったら「違う」と言う。
でも、「国境に直接行けば300バーツなんて取らないだろ」と言ったら「そうだね」と言う。
「じゃあインチキじゃないか」と言ったら笑っていたので、頭をはたいておいた。

マーケット モーテルは可もなく不可もなしと言う感じで350バーツはやや高いかなと思った。
まあエアコンで涼んで休めるので良かった。
少し休んでから国境近くのマーケットに行こうとしたが
17時で閉まる店もあると言うので止めた。

マーケット モーテルの食堂は高いので
町をぶらついてローカルなステーキ屋さんでシーフード タイ カレーを食べた。
なかなか美味しかった。40バーツだ。

部屋に帰って国境越えとシェムリアップに行く方法を歩き方で確認した。
バスは午後発だし、わざと遅く着いて提携しているホテルに連れて行かれるらしいので
ピックアップ トラックで行くことにする。
タクシーは強盗があるらしいので止めた。
マーケット モーテルでたしか600バーツでタクシーを手配できると言っていたが高いので断った。

| カンボジア・ラオス旅行 2009 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
6/24

きょうはアランヤプラテートから国境を越えてカンボジアに入り、シェムリアップまで移動する。
今回の旅行で何か問題があるとすれば今日だと思うのでちょっと気をつけていく。

マーケット モーテルに止まっていたトゥクトゥクに乗って国境まで行く。
国境近くでまた昨日とは違うインチキ国境事務所に止まったので
「ここで止まらずに国境に行け」と言って国境まで行った。
インチキ国境事務所に止まるのが決まりなのだろうか?
昨日のインチキ国境事務所でやたらと日本語で話しかけてきたので
日本人がカモなのかもしれない。
まあ国境越えが初めてだと引っかかるのも仕方ないだろう。
タイの出国を済ませるとすぐにカンボジア人が寄ってきた。
ピックアップ トラックやタクシーの呼び込みだ。
それを無視しつつカンボジアの入国手続きをする。
Eビザがあるので問題なく入国する。

呼び込みで寄ってきたやつではないピックアップ トラックを探したが国境をでたところにはいない。
警官の近くにいた男に聞いたが呼び込みの男を指差している。
そこにピックアップ トラックに乗れるよとという別の男が寄ってきたので
そいつに付いていく。
ピックアップ トラック乗り場は1kmほど先にあるらしい。
途中やたら両替を勧められる。
「カンボジアではUSドルもバーツも使えない」という。
どちらにしてもシェムリアップで両替すればよいので断った。
ピックアップ トラックに乗り込んで付いてきた男に150バーツを払ったがなかなか出発しない。
しばらくしたら「500バーツ払わないとシェムリアップまで行けない」と言ってきた。
「お前150バーツって言っただろ」と言って無視していたらバッグを荷台から降ろしてきて「金を返すから降りろ」と言う。
とりあえず相手の思ったとおりにさせないためにそれも無視していたら
ドライバーが乗ってきて「300バーツ払え」と言う。
残りの150バーツだなと思って150バーツをだしたら300バーツだと言う。
付いてきた男に「150バーツ払っただろ」と言ったら
「それは付いてきた別のガイドに払ったんだろ」と言ってきた。
国境近くから3〜4人付いてきていたので、とっさにどの男に払ったのか思い出せなかった。
他に選択肢もなさそうだし300バーツを少し値切ってそのトラックに乗ることにする。
結局付いてきた男が仕切ってドライバーに240バーツ払った。
ピックアップ トラックなのに390バーツもかかってしまった。
これなら600バーツ払ってマーケット モーテルのタクシーに乗ったほうが良かったかもしれない。
まあ話は一応ついてドライバーも乗り込んだのでほっとしていたら
そういえばさっき、付いてきた男が「150バーツ返すからトラックから降りろ」と言ったのを思い出した。
金を渡した相手はやっぱりその男だった。
トラックを降りて付いてきた男を探したがもういなかった。
まあ損害は100バーツ程度なので仕方がないだろう。

ようやく10:40頃出発した。
道はきれいで、四方遠くまで水田(?)が続いていて広々としている。
12時前にシソポンに着いた。
ここで降りて、別のトラックに乗り換えろと言う。
止まっていたトラックに乗り換えて「いつ出発するの?」と聞いたら
「13時ごろだ」と言う。
少し英語が話せる奴に聞かれて
ポイペトで400バーツ払ったと話したら
シェムリアップでドライバーにもう100バーツ払えと言う。
まだ終わってなかったのかと思ってがっくりした。



そこはバスやタクシーのターミナルで、まわりに食堂やお店があるので
冷たいコーラを飲んでそこで待つことにした。
店の人たちは英語はまったく話せないが素朴な感じですごく親切だ。
小学校の高学年くらいの男の子がいて、親切に対応してくれた。

ターミナルに車が到着すると案内(?)の男たちがうわーっと群がっていって
客をトラックに引っ張っていく。
たくさん群がっているが特に客を取り合っているような感じはしなかった。



結局14時にトラックは出発した。
私の使い始めて3日目のキャスター バッグが荷台にロープで縛られてフレームがひしゃげていた。
どうすることもできないのでそのままにする。
運転席のメーター計の前にカセットが置いてあるので何でだろうと思っていたら
メーターがすべて動いていなかった。
道は引き続ききれいで日本の地方の国道とかわりない感じだった。
シェムリアップの近くで荷物を積んだりして16時ごろシェムリアップに到着した。
降りたところにいたバイクタクシーと話していたらトラックは行ってしまった。
何だ100バーツ請求しないじゃん。
シソポンからずっとがっくりきていたのに。

Tripadvisor で調べておいたボウ サヴィー ゲストハウスに行ったらいっぱいなので
近くのチェンラー ゲストハウスに行った。
なかなか広くてきれいなのでここにした。
1日13ドルだ。
きょうはカンボジア人と交渉したり、ピックアップ トラックにずっと乗ったり、
待たされたりして疲れたのでエアコンをつけて夕方まで寝た。
明日も炎天下を1日観光する気力は無いので休養しようと思う。

夕方からシェムリアップのメインストリートのシヴォタ ストリートをぶらぶら歩いて
オールド マーケットまで食事に行った。
シヴォタ ストリートにはお店やきれいなホテルが並んでいてカンボジアとは思えない通りだ。
ほとんど海外からの観光客向けの町になってしまっているのだろう。

喉も渇いていたのでオールド マーケットのすぐ手前でピザ屋に入ってしまった。
とりあえずビールを頼んでマッシュルームのピザとサラダを食べた。
不味くは無いが特別美味しくは無かった。



オールド マーケットのあたりは観光客向けのレストランや飲み屋などがあって
すごくにぎわっている。
ここには1週間程度いるつもりなので、いろいろ行ってみようと思う。

| カンボジア・ラオス旅行 2009 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
 6/25

きょうも早く起きてしまったが少し疲れているので休養することにする。
朝食を食べて部屋に戻って横になったら、昼前までうとうと寝てしまった。
昼飯はオールド マーケットの近くの北京餃子館というところに行ってみる。
きのう店先をのぞいたらショウロンポウや麺類などがあって値段も安いようだった。

シヴォタ ストリートと平行して走っているタープル ストリートを歩いてみる。
こちらはゲストハウスがいくつかあるけれどローカルな感じで、
以前のシェムリアップはこんな感じだったんだろうなという景色だ。
昼間に日差しの中を歩くとかなり暑い。
オールド マーケットで帽子を買おう。

オールド マーケットにカーボーイ ハット風の麦藁帽子のようなものがあって
それを買った。
普段帽子をかぶることはないのだけれど、
明日以降日差しの中を1日中歩き回ると思うので必要だと思う。
珍しく結構似合う帽子だ。

北京餃子館は冷房がなくてがっくりだが
アイス コールド ヌードルというのを頼んだ。
スープを凍らした氷が入っていて冷たくて美味しい。
ちょっとピリ辛で麺は沖縄そばみたいな感じだった。



歩き方のアンコールワットの部分を読んでおきたいので
コーヒー ショップを探していたら
道端にいたバイクタクシーの男が2箇所教えてくれた。
最初に行ったところ(ブルー パンプキン)は
こぎれいな感じでいいなと思って2階に行ったら
席がいっぱいで欧米人ばかりでちょっとうるさくて嫌な雰囲気だったので止めた。
向かいの古い建物にあるスープ ドラゴンの2階でアイス コーヒーを頼んだ。
こちらは他に客はいなくてガイド ブックを読むのにはちょうどよい。
暑いが上にファンが回っているのでなんとか耐えられる。

アンコールワットは壁の彫刻がたくさんあって面白いようだ。
他にも小さなサイトがたくさんある。
明日はとりあえずアンコールワットとアンコール トムのあたりをまわってみよう。
明後日は東側に点在しているサイトをまわってみる。

宿に一旦戻ろうかと思ったが夕食時まで2時間くらいなので
インターネット カフェでブログを書くことにする。
インターネット カフェはたくさんあるし、1時間0.75ドルなので安い。
この旅行の1日目しか記事を書いていないので、
2日目、3日目をまとめて書いた。
デジカメで撮った写真をUSBメモリにコピーして、
縮専というソフトでブログ用に縮小した。
USBメモリには、旅行中使うソフトをコピーしてあって、
ここに写真をバックアップしておけば
デジカメやカード リーダーがなくても写真をPCで使える。
きのう宿のフリーのPCで縮小しようとしてできなかったのは、
縮小したファイルを書き込むフォルダの名前が日本語だからだったようだ。
縮小した写真をブログにアップロードしてブログの記事に貼り付けた。

夕食までちょっと早いのでオールド マーケットのそばの川べりのベンチで休んだ。
川の向こうのお寺からチャンティングが聞こえる。
タイの瞑想センターにいたときにチャンティングした覚えがあるフレーズもあった。



あまりお腹は減っていないが、明日は1日歩き回るし、
食べておいたほうがいいだろうと思って食べに行く。
きょうは歩き方に出ていたカーマ スートラというインド料理屋に行く。
きのう店の前を通ったがきれいな店だ。
まだ17時過ぎなので他に客はいなかった。
あまり食べたくないのでベジタブル タリーを頼んだ。
5ドルでカレー2種類とナン、ライス、サラダが付いている。
ベジタブル カレーはわりと美味しかった。
もうひとつのダル カレーはもうひとつだった。
ナンとライスがボリュームがあったので、
食べられないかと思ったがぺロッと食べてしまった。
なかなか美味しかったのかもしれない。



サリーを着たかわいいカンボジア人のウェイトレスに、
アンコールワットのことをいろいろ聞いた。
外国人は3日で40ドル取られるが、カンボジア人は無料なのだそうだ。
「タイ人やベトナム人は?」と聞いたら、
見分けが付かないから取られないだろうと言っていた。
朝日や夕日を見に行くのもいいらしい。

チャイも頼んだが、これはあまり美味しくなかった。
お金を払ったら停電になって真っ暗になった。
食べ終わっていたし、お金も払った後だったのでちょうどよかった。
暗い中を宿に戻るのは歩くのが大変だった。
自家発電があるのか電気がついているスーパーで品物を見て、
外に出たら電気が戻っていた。
| カンボジア・ラオス旅行 2009 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |

 6/26

きょうはこの旅行のハイライトのひとつアンコールワットに行く。
きょうも早く起きてしまった。
たぶんカンボジアは日本より2時間遅いので日本時間で起きてしまっているのだろう。

朝食のときに隣の日本人のテーブルから砂糖を借りたら
あとで私のテーブルに来て、
「きょう出発するのだけれど、飲み物が余っているのであげます」と言ってきた。
まったく話したこともなかったのだけれど、
まあ捨てるよりは私がもらった方がいいだろうと思ってもらった。
きょうバンコクまでバスで行くそうだ。
長期の旅行でアフリカまで行くと言っていた。
アンコールワットではベン メリアという遺跡がよかったそうだがかなり遠いらしい。

宿のPCのところで少し話したことがある韓国人も出発するところで挨拶に来た。
彼もきょうバンコクに行って、タイを1週間ほど観光して韓国に帰るそうだ。
彼も他の韓国人も自分のノートPCを持ってきていて
宿のモデムにつないでネット接続していた。

私は旅行中使うサイトのブックマークを
ヤフーのアカウントのHPとしてアップロードしてあって
それにUSBメモリがあれば、特に自分のPCを持ち歩かなくても不便はない。

部屋で少し休んで、暑さと疲労の覚悟を決めて出発した。
きょう出発した日本人が宿の自転車は小さかったといっていたので
近くの貸し自転車屋でMTBを借りた。
値切って3日で4ドルだ。
対応したのはおばさんで保証金も取らず、名前も聞かずに
「使い終わったら戻してくれ」と言っていた。
それではあんまりなのでチェンラー ゲストハウスに滞在していて
部屋番号は305だと教えておいた。



自転車はまあまあ快適で、道も車は多いが舗装はきれいで走りやすい。
5〜6kmほど走るとチケット オフィスがある。
3日券で40ドルを支払う。
係りの女の子がやたらと話しかけてくる。
また、自転車に乗ってアンコールワットまで行く。
チケット オフィスから2〜3kmだ。
歩き方に午前中は逆行なので午後の方がよいと書いてあったので
アンコール トムを最初に見るつもりだったが、
日は高いし問題なさそうなのでアンコールワットを先に見ることにした。



お堀にかかっている橋やその先の参道が長く続いていて暑い。
第1回廊を通過してまっすぐ中心のほうに歩いていく。
第2回廊の先は直進できず、左側から入っていく。
左側と後ろ側からは中央の建物には入れない。
木の階段は付いているので、現在修復中で中を見られないようだ。
一番裏側まで到達したので、第2回廊と第1回廊の壁画を見て歩く。
神様の綱引きの場面の壁画は修復中で迂回するようになっている。
壁画は実際にみるより歩き方の写真のほうがきれいだ。
第1回廊はほとんど壁画はない。



途中歩きつかれたので風がよく通る角のところで座って休んだ。
第2回廊の左側は誰も人がいなかったので、壁画をよく見ることができた。
全体的にもっと込んでいると思っていたが
午前中だからかそれほど込んではいなかった。



見終わってみて、期待が大きかったせいかあまり感じるところはなかった。
行ったことがある人はみんなすばらしいと言っていたが
確かに歴史的に重要な建物で壁画もよく残っているが
ただ歩き疲れたなという感じが強かった。



自転車を置いた場所に戻って、水を飲んで休んだ。
そこからアンコール トムはまた自転車で2kmほど先にある。
途中サルがいた。
アンコール トムの中心にはバイヨンというのがあって、
アンコールワットよりは全然小さい遺跡だ。
四方に大きな顔がある塔のようなものがたくさんある。
バイヨンは狭くてごちゃごちゃしている。



栄養補給したほうがいいと思って、
お店があるところでミクスド フルーツを食べた。
ちょっとひとここちついて、アンコール トムの残りの遺跡を自転車で見てまわった。
自転車に乗りながら眺めれば十分な遺跡がほとんどだ。
プリア ピトゥというところだけは、まわりの緑と調和していてきれいだった。
遺跡自体は小さくて崩れかけている。



とりあえず、きょう見るものは見たので、これで帰ることにする。
体力的にも限界だ。
帰りは、アンコールワットの前から一直線の道で戻ってきたが
舗装が悪くて、埃があがるところもあって、朝来た道の方が良かった。
途中太腿が攣ったようになって、しばらくマッサージして休んだ。
アンコール トムからゲストハウスまで休憩もいれて45分ほどかかった。
すぐに部屋で冷房をガンガンにかけて、シャワーを浴びて寝た。

寝ていたらカミナリがなって雨が降ったようだ。
シェムリアップに来てから雨は初めてだ。
宿をでるときにはほとんど止んでいた。

きょうはオールド マーケットのカンボジア料理の店で夕食を食べる。
おととい通りかかって写真付きのメニューを見て美味しそうだった。
外国人の客も結構入っていた。
行ってみると他に客はいなかった。
豚肉と野菜のスイート ソースというのとエビ チャーハンを頼んだ。



どちらもまずくもなければ美味しくもないという感じだった。
ビールも入れて4ドル50なのでまあいいだろう。
明日はまた中国料理にしようかな。

| カンボジア・ラオス旅行 2009 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |
:::PROFILE:::
:::INFO:::
・ 日本とタイの時差: 2 時間
・ 100 バーツ ≒ 350 円
チェンマイのお店マップ

・ 日本とポーランド(夏時間)の時差: 7 時間
・ 1 ズウォティ(PLN) ≒ 30 円
クラクフのお店マップ

:::SELECTED ENTRIES:::
:::PICKUP:::

タイ旅行 2020 チェンマイ
日付順に表示
ランパーン小旅行

タイ旅行 2019夏 チェンマイ
日付順に表示
チェンライ小旅行
ランパーン小旅行 1 日目
ランパーン小旅行 2 日目以降

タイ旅行 2019 チェンマイ
日付順に表示

ポーランド旅行 2018 クラクフ
日付順に表示
プラハ・ブダペスト小旅行

タイ旅行 2018 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2017 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2016 夏 チェンマイ
日付順に表示
<ビエンチャンにビザランに行く>
7/24 ピッサヌロークに移動する(1)
7/25 ビエンチャンに移動(2)
7/26 ビエンチャン 2 日目(3)
7/27 タイに再入国(4)
7/28 スコータイに移動する(5)
7/29 スコータイ 2 日目(6)
7/30 チェンマイに戻る(7)

タイ旅行 2016 チェンマイ
日付順に表示
ラムパーンに小旅行に行ってみる
ラムパーン 2 日目
ラムパーンからチェンマイに戻る
パヤオに行ってみる
パヤオ 2 日目
パヤオからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 夏 チェンマイ
日付順に表示
パーイに行ってみる
パーイ滞在
パーイからチェンマイに戻る

タイ旅行 2015 冬 チェンマイ
日付順に表示
バンコク銀行に口座を開設した
ジョムトンに行ってきた
チェンダオで散歩してきた
クアラルンプールのチャイナタウン観光
マラッカ観光

ベトナム旅行 2014 夏 ニャチャン
日付順に表示
ニャチャンのお店マップ
ダイビングに行ってきた
国立海洋学博物館に行ってみた
ホンチョン岬に行ってみた
4 番のバスのルートマップ

沖縄旅行 2014 2月
日付順に表示
レンタカーで沖縄観光(辺戸岬、県道 70 号線、名護、辺野古)
旧海軍司令部壕に行ってみた
沖縄本島南部と伊計島にドライブ

タイ旅行 2013 夏 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2013 2月 チェンマイ
日付順に表示

タイ旅行 2011 イサーン
日付順に表示
ムクダハーン〜サワナケット
サコンナコン観光
ピーマイ観光
アユタヤ観光

青春18きっぷで小旅行
青春18きっぷで京都に行った(春)
青春18きっぷで京都に行った(夏)
青春18きっぷで名古屋に行った

その他の旅行
バンコク 〜 マハーチャイ、メークロン、アンパワ小旅行
チェンマイのドイ ステープ寺で1週間ヴィパッサナ瞑想の修行をしてきた
アンコールワット近辺 遺跡巡り1
アンコールワット近辺 遺跡巡り2
ラオス旅行 デット島とコーン島

旅行以外の記事
ルーテシア3のワイパーを交換した
タブレット(Nexus7)を購入した
コインランドリーで掛け布団を洗ってみた
温水洗浄便座が壊れた

動画
動画の保存場所(Youtube)

:::CATEGORIES:::
:::ARCHIVES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::RECENT TRACKBACK:::